ナイスカットミル 漏電 ビリビリ

ナイスカットミルとは コーヒー豆を挽く機械

いつものように豆を挽いてる最中 本体のビスに手を触れると ビリビリ⚡️ 

漏電してるようです  

この記事は今後のため またはこういう症状で検索してる人のために残しとく記録です

もう6年くらい使用してますので モーターブラシが削れて粉になり 内部に付着し 外部へと導通?してしまってるのでは という仮説をメーカーに確認してみると 「その通りです」ということでした

その他 対策やこのまま使用する場合の安全性など確認し その中で割と簡単な対策をして とりあえずビリビリは無くなった  ここまでが2ヶ月前くらい

対策としては
・買い替え 最新の機種で3万程度
・モーター部の交換 モーター1.6万 +工賃+送料
・内部のカーボン(付着したブラシ粉)除去 分解清掃
・ビスを外してビスに付着したカーボン除去 ビスを抜いて拭くだけ

メーカーとしては廃盤の機種なのでモーター交換以外のメンテは不可とのこと

なのでその時はビスを抜いて拭くだけにしました

どこのビスかというと調整ダイアルの逆側の二本の黒いビス(長い)です
抜いてみると確かに黒い粉がびっしり付着してました 綺麗に拭いて元に戻し 電源を入れてみると見事に解消 これで一安心

そして2ヶ月ほど経った昨日の晩にまたビリビリ⚡️

今回は割と全体的にビリビリしてる感じ

ビスにはそれほど付着してないので ついに分解清掃へと

バラしてしまう事への不安は ブラシが限界だったらどうしようということと 元に戻せるかどうかということ 今日の定休日中に完了させなくては明日からの営業がヤバイ

しかし新しいミルを買うにもモーター交換するにもなかなかのお金と時間が必要

一か八かですが分解清掃へと踏み出しました

そこでもう一度メーカーへ分解のコツや注意点などを聞いて いざチャレンジ

モーターがどう固定されてるのかなど構造が頭に無いので いろいろ外しましたが モーターを外すのに 外さなければならないビスは

1.土台の裏面のゴム足四ヶ所と中央のビス計5本
2.モーターの配線赤黒緑の線 (写真を撮っておくこと!)
3.モーターを固定してるビス2本 
4.黒く長いビス
ここまででモーターが完全に外れたはず
5.金色の装飾用のテープを剥がし モーターを開ける
ビス固定ではないので引っ張れば取れます

取れれば内部のカーボンを出来るだけ取り切るだけです
ブラシ側はティッシュや歯ブラシなどで
磁石が付いてる大きなカバーは中性洗剤で洗いドライヤーで乾かす
拭けるとこはしっかり拭いておく

心配だったブラシもまあまあ残ってたのであと数年は大丈夫かと
綺麗になればさっきの逆で組み立て
モーターの軸をブラシ側に先につけてカバーを付ける この時 強力な磁石に引っ張られるのでブラシが抜けないように気をつけて

組み立てたら電源を入れ試運転

モーターも回りビリビリしないなら成功!
だめだったらもう一回

今回は特に問題無く 思ってたより早く修理できました  

よかったよかった

チカキッサ タブコ

当店のコク深いコーヒーは京都では珍しいと言われることもしばしば お一人カフェはもちろん各種イベントでの貸切も可能です このホームページをタブコの取扱い説明書としてどうぞご覧くださいませ 本日の営業情報はこのページの下のブログや当ホームページメニューからリンクしておりますfacebookページ等でご確認いただけます

0コメント

  • 1000 / 1000